ふるさと納税

ふるさと納税は本来払うべき税金を
地方自治体に寄附することで返礼品がもらえます!

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税をすると、税金が控除されて特典の返礼品ももらえてお得!
と言う話をよく耳にしますが、一体どのような制度でどのような仕組みになっているのかを調べてみました。
ふるさと納税とは、実際には都道府県や市区町村に対する「寄附」になります。
通常の寄附とは違い、ふるさと納税では、原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

                                                            ※総務省ホームページより抜粋

ただし、控除を受けられる金額には上限があり、年収や家族状況、住宅ローン控除、医療費控除等を受けるかどうかなどで 変わってきます。

ふるさと納税限度額について

ふるさと納税の限度額は、
「ふるさと納税を行う方、本人の給与収入」と「ふるさと納税を行う方の家族構成」により計算されます。

12月末までに支払われる給料が対象になりますので、あくまでも目安の金額にはなりますが
シュミレーションでおおよその年収を入力することにより、上限金額を知ることができます。

確定申告を行うと、その年の所得税から控除を受けられ、翌年の住民税からも控除が受けられますが
ワンストップ特例制度を利用して、確定申告を行わないで控除を受ける場合には
翌年の住民税から控除を受けることになります。

ワンストップ特例制度について

確定申告が必要ない会社員などの場合で、ふるさと納税の寄附控除を簡単に受けられる制度として
ふるさと納税ワンストップ特例制度が創設されました。

この制度が利用できるのは、ふるさと納税の納税先自治体が5団体以内の場合です。
それぞれの自治体に特例適用に関する申請書を提出することで、確定申告をしなくても良くなります。

ワンストップ特例制度を利用すると、年末に所得税からの控除は行われず、ふるさと納税を行った翌年の
6月以降に支払う住民税が減額される形での控除になります。


※総務省ホームページより抜粋